B 型肝炎訴訟については集団訴訟が起きたことによって、国の責任が問われるようになりました。このようなB型感染訴訟はしっかりと国側が認めていますので該当者はこれからでも訴訟を起こし、症状に合わせた給付金を受け取ることができます。
また、自分で訴訟する場合と弁護士に依頼する場合とで手続き方法や手間、費用なども大きく違ってきます。なぜB型肝炎訴訟を国が認めたのかというと、当然ながらそこには国の責任があったからです。

該当する期間中の集団予防接種は注射器の使い回しなども厳しく制限されておらず、このような結果を生んでしまいました。当時から注射器が使い回しについても厳しい指導が行われていれば、ここまで多くの感染者を出すことはなかったでしょう。
注射器の使い回しが行われているにもかかわらず、国が黙認していたからこそ今は国としても、集団訴訟などを認めるしか方法がありません。

またその他の感染者が訴訟を起こした場合でも書類さえ揃っていれば、認めざるを得ないのです。自分自身が該当者になっており、これから訴訟を起こしたいと考えているのであれば自分で手続きを進めるのか、弁護士に依頼するほうが良いのかを考えていきましょう。
弁護士費用が気になってしまう方もいるようですが、弁護士費用は基本的に給付金の中から何割かを支払う形になりますので、事前にまとまったお金が必要になるというケースはほとんどありません。B型肝炎の訴訟問題については弁護士も様々な経験を持っており、知識も持っていますので、まずは無料相談などから始めると良いでしょう。